MENU
当店のページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

ZVW30 プリウス ドライブレコーダー取付

2月に突入しました!
相変わらず厳しい寒さが続いておりますが、今日も元気に営業中なプラムガレージです!

本日の記事内容はこちらの車両。

30後期のプリウスです。
当店での契約ではありませんが、保険会社の提供するドライブレコーダーの取付を行わさせていただきます。

時短を図るためあらかじめ裏取りのソケットに電源接続準備を施しておきました。
こういうの先に準備しておくかどうかで作業時間も随分変わってきます。

今回の車両に関してシガー電源(ACC)のヒューズは15Aとなっておりますので同じ容量の15Aのヒューズ電源を準備させていただいております。
たまに手持ちがなく容量を減らして取り付けられている車両を見かけることがありますが、ナビの容量不足により再起動がかかったり電源が入らなくなったりと二次トラブルが発生することがありますのでしっかりと適正容量を使用するようにしましょう。

逆に大きければいいのか?というとそういうこともないので上げるにしても5Aを目安に考えてください。
過電圧が過ぎると関連する装備品の内部ショートなどにつながることもあるのでしっかりと確認しましょう。

グローブボックスとアンダーパネルを外した図です。
配線は毎度おなじみAピラーから通しておりますので配線を結線しやすいようにグローブボックスを外しておきます。

ヒューズボックスはグローブボックスを外した箇所に蓋がついてある状態で現れますので、下から覗き込むようにしてみると発見できます。

プラス電源はヒューズボックスから取ってアース電源はエアコンフィルタの交換口に鉄のステーと接続されている箇所があるのでそこからアースを取りました。
この時に配線の差し込みの向きを考えないとエアコンフィルタを交換する際に当たってしまいます。

今後の作業性も考えて横向きに接続しておきました。

通電確認を行います。

さすがになれた作業なので一発で通電OKです。
あとはドラレコの初期設定を行って作業は完了となります。

Kさま。この度は当店のご利用頂きまして誠にありがとうございました!
今後ともカーライフにお手伝いできることがございましたら是非お気軽にお声がけください!!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次